瀬川泰知グループリーダー(現:分子科学研究所准教授)
坂本裕俊グループリーダー(現:特任講師)
(ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト,2014-2019)

SEGAWA Yasutomo, Ph.D. / SAKAMOTO Hirotoshi, Ph.D. 

瀬川泰知先生と坂本裕俊先生は、伊丹ERATOプロジェクトにてナノカーボン(グラフェンやカーボンナノチューブなど)の部分構造である「分子ナノカーボン」 を生み出しました。複雑な幾何学構造は、数学的なパズルのようなおもしろさがあります。また、そのパーツが組み合わされば、知られざる新機能の発現へとつながります。

Dr. Yasutomo SEGAWA and Dr. Hirotoshi SAKAMOTO have produced "molecular nanocarbons," the partial structures of nanocarbons (graphene, carbon nanotubes, etc.). Complex topological structures are as interesting as mathematical puzzles. In addition, the assembling of the molecular nanocarbons will expectedly lead to unknown new functions.

ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト
(研究総括:名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 伊丹健一郎 拠点長•教授)
https://www.jst.go.jp/erato/itami/j_index.html

瀬川リーダー・坂本リーダー 研究紹介展示用動画 

ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト(2014-2019)研究室内で撮影された動画と分子ナノカーボンモデルをご覧いただけます。

https://youtu.be/T5jzr7cMCys