名古屋大学博物館第27回特別展 結晶展
Crystal Studies in Nagoya University - Fascinating Facts From the Laboratories-
2021.4.27(Tue)→11.6(Sat10:00-15:00(in 14:30)
Closed:Sunday・Monday(8/13-16は夏季休館)カレンダー(calendar)

名古屋大学博物館3階展示室 〒464-8601 名古屋市千種区不老町

結晶展 Crystal studies in Nagoya University

 神秘的な美しさで、私たちを魅了する「結晶」。よく知られるところの雪の結晶も、実に見事な特徴的な形を示しています。「結晶は、なぜこんなに対称的なのだろうか」と探究心がくすぐられるなら、やがて科学的に結晶の本質を見るようになり、さらにその応用展開に期待するなら、結晶が私たちの未来社会を創造するための有用な材料だとして見るようになるでしょう。さあここに、名古屋大学で遂行されている多彩な結晶研究の、ほんの一部をご紹介しましょう。 

 Crystals fascinate us with their mysterious beauty. The well-known snowflakes, for example, show their characteristics as well as their marvelous shapes."Why are crystals so symmetrical?" - if having an inquisitive mind or curiosity, you will start to see the essence of crystals scientifically. Furthermore, if you expect the application development of crystals, you will see them as useful materials that will create our future society.Here, we show partially but a wide range of crystal studies that have been carried out at Nagoya University.

ごあいさつ

 名古屋大学博物館第27回特別展「結晶展 ―研究者を魅了する多様な結晶たちー」へお越しいただき、誠にありがとうございます。本特別展は、私たちの未来社会の創造に不可欠な材料である「結晶」をテーマに、現在、名古屋大学で遂行されている多彩な結晶研究の一部を、分野横断的に紹介いたします。

 新材料の応用開発には、結晶学者の共通認識である「結晶学」に立ち、多様な見方・考え方で、種々の問題を克服する必要があります。実際、結晶学は、物理学、化学、材料科学、地質学、生物学、薬学、医学などにまたがる学際的な科学であり、それら科学を支えてきました。このことは、ノーベル賞が始まって以来120年の間に、結晶学に直接的または間接的に関係する研究により、50名以上の科学者がノーベル賞を受賞してきたことが物語っています。

 本特別展を通じて、結晶学発展の歴史を振り返るのみならず、現行の結晶研究により多様な見方・考え方に触れ学び、さらに未来社会への期待を共に考え、語り合うきっかけとしていただけましたら幸いです。

 名古屋大学博物館長      吉田 英一

展 示 企 画:名古屋大学博物館 梅村 綾子
グラフィックデザイン:名古屋大学博物館 宇治原 妃美子

Forward

 Thank you for visiting the 27th Special Exhibition at Nagoya University Museum: Crystal Studies in Nagoya University ―Fascinating Facts from the Laboratories―. This special exhibition introduces some of the various crystal research currently being carried out at Nagoya University across disciplines, with the theme of "crystals," which are indispensable materials for the creation of our future society.

 In order to develop applications with new materials, it is necessary to overcome numerous problems from various perspectives and ways of thinking, based on "crystallography." In fact, crystallography is an interdisciplinary science that spans physics, chemistry, materials science, geology, biology, pharmacy, and medicine, and has supported those sciences. This shows that more than 50 scientists in research directly or indirectly related to crystallography have won the Nobel Prize in the 120 years since the Nobel Prize began.

 We hope that this special exhibition will not only look back on the history of the development of crystallography, but also give you an opportunity to learn the various perspectives through the current research, and to think together and discuss expectations for our future society.

Director of Nagoya University Museum  Prof. Hidekazu Yoshida
Manager of the 27th Special Exhibition  Dr. Ayako Umemura
Graphic designer Ms. Kimiko Ujihara

結晶学ことはじめ

A brief history of crystallography

左上の画像、白っぽい塊をみて、どう感じましたか?皆さんのご意見をお聞かせください!

What was your impression when you saw the crystal left-above?

野田稲吉による合成雲母の研究・植村直己による雪の結晶レプリカ

Synthetic mica crystals studied by Tokiti NODA・ Snow crystals reproduced by Naomi UEMURA

野田稲吉による合成雲母の研究

雲母は層状のケイ酸塩鉱物で、結晶面に平行な割れ目(へき開面)にそって、薄く剥がれます。また、組成の違いにより様々な種類があり、工業的にも欠かせない素材として利用されています。
野田稲吉博士(名古屋大学名誉教授)は、電気絶縁性や耐熱性に優れた合成雲母のニーズを背景に、1950年頃、鉄を含まない合成雲母「フッ素金雲母」を実用可能なほどの大きさに生成させることに成功しました。

Synthetic mica crystals studied by Tokiti NODA
The mica group is a type of phyllosilicate minerals, exhibiting a two-dimensional sheet or layer structure. Mica has basal cleavage; therefore, mica can be peeled parallel to the crystal plane. Due to the difference in composition, various micas are known with the characteristic functions. They are used as industrially indispensable materials.
Around 1950, Dr. Tokiti NODA, Professor Emeritus of Nagoya University, succeeded in producing the first iron-free synthetic mica "fluorophlogopite" with a practical size in need of excellent electrical insulation and heat resistance

植村直己による雪の結晶レプリカ

冒険家・植村直己氏は、1978年4月に、犬ゾリ単独行として世界で初めて北極点に到達し、その後5月から8月にかけて、グリーンランドを縦断しました。この途中、毎日、気象観測を実施するとともに、各地点で、雪の結晶のレプリカ作成と写真撮影、エアロゾルや積雪の試料採集などを行いました。それら資料の解析のため、1979年10月から半年間、名古屋大学水圏科学研究所の研究生となり、雪の結晶レプリカの顕微鏡観察などを行いました。

Snow crystals reproduced by Naomi UEMURA
Naomi UEMURA, an adventurer, reached the North Pole solo for the first time in the world by dogsled in April 1978, subsequently from May to August, he ran down through Greenland. Along the way, he conducted daily meteorological observations and collected the data, such as replicating snowflakes and their photos, and sampling aerosols and snow cover at each location. In order to analyze these data, he became a researcher at the Water Research Institute, Nagoya University, for half a year from October 1979, and he observed for example snowflake replicas under a microscope.

結晶に魅了された研究者たち - Fascinating Facts from the Laboratries -

吉田英一 教授 
Dr. YOSHIDA Hidekazu
 
自然界に学ぶ新技術 
炭酸カルシウムのコンクリーション化
Calcium carbonate concretion as a new technology, learned from nature

宇治原徹 教授 石川晃平 研究員
Dr. UJIHARA Toru, Dr. ISHIKAWA Kohei

AI技術を利用 
SiC結晶成長法の実用化
Practical application of SiC crystal growth method using AI technology

杉本泰伸 准教授 永江峰幸 助教
 Dr. SUGIMOTO Yasunobu, Dr. NAGAE Takayuki

名大が運用する放射光ビームラインを利用
タンパク質の結晶構造解析
Crystal structure analysis of proteins using Nagoya University Beamline at Aichi Synchrotron Radiation Center

松田亮太郎 教授 日下心平 助教
Dr. MATSUDA Ryotaro, Dr. KUSAKA Shinpei 

結晶構造が変化する!?
多孔性金属錯体MOFの機能
Functions of Metal-Organic Frameworks with the transformative crystal structures

新田州吾 特任准教授 
Dr. NITTA Shugo

青色LED材料GaNの次なる挑戦
GaNデバイスが実現する未来社会
Future society built by GaN devices beyond the function of GaN, the material of blue LED

瀬川泰知グループリーダー(現:分子科学研究所准教授)
坂本裕俊グループリーダー(現:特任講師
Dr. SEGAWA Yasutomo, Dr. SAKAMOTO Hirotoshi

(ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト,2014-2019
)
設計、合成、X線結晶構造解析
未踏の炭素分子をつくる
Synthesis of long-sought carbon molecules by design and X-ray crystallography

結晶展の紹介動画 Introductory video of the exhibition


結晶展の会場よりご紹介します。是非ご覧ください!
Experience the exhibition-tour on the video!
(We are sorry... It's Japanese only.)

https://www.youtube.com/watch?v=dvVWGOAE5nQ

結晶展関連イベント:名古屋大学博物館ウェブサイトにてご確認ください